CASE成功事例
会員様成功事例

2,000万円以上の注文住宅受注棟数減少から脱却!
営業マン一人でローコスト住宅を初年度8棟、2年目14棟 受注に成功!


デザインハウス石見
デザインハウス営業担当:1名男性 40歳代
事業内容:土木事業・住宅事業(注文住宅FC加盟)

地元島根に戻ってから就職し、注文住宅販売の営業担当として4年1人で頑張ってきましたが、約3年前から受注棟数が伸び悩み、社内全体でも話し合いを重ねる日々でした。

借入総額が約3,000万円以上の住宅ローンでの契約を当たり前に注文住宅を販売していましたが、「ハイグレードホーム研究会」のセミナーを受講した際に、年収約200~300万円台で、しかも月々支払額を家賃以下で希望するお客様への新築住宅販売だと聞き、最初は驚きました。

実際に土地の購入から頭金ゼロで月々の支払いを約6万円で提案できるのかと、疑ってもいました。 しかも、間取りは今までの半分の広さ、お世辞にもおしゃれでかっこよい住宅とは言えない規格型ローコスト住宅で、本当にお客様に選んでもらえるのか不安しかありませんでした。 しかしその不安は、加盟から約半年で解消しました。 まずハイグレードホーム研究会専門のスタッフに、粗利をしっかり出せるローコスト住宅の建築方法から営業方法までを指導していただきました。

最初に営業研修を受講して驚いたのは、初回面談から注文住宅とはまったく売り方が異なるということです。 注文住宅しか経験のなかった私には、最初戸惑いしかありませんでしたが、お客様に喜んでご来店いただける姿を目の当たりにしたことで不安は自信に変わっていきました。

実際に営業をしてみると、注文住宅では1年以上かかっていた初回面談から引き渡しまでの期間が4か月まで短縮できたのです。 初回面談から契約、引渡しまでの期間短縮ができたことで、今では注文住宅部門の受注棟数より、規格型ローコスト住宅販売の方が受注棟数を上回り、結果売上も上がりました。

規格型ローコスト住宅のみで初年度の受注棟数は8棟、翌年(現在)は14棟の結果が出ています。 疑いから始まった「ハイグレードホーム研究会」への加盟でしたが、これからの時代に必要とされる商品であると心から実感してます。

これからも今まで以上にたくさんの世代の方に新築住宅をご提案していきたいと思います。

新人女性営業マン起用で、新築事業の立ち上げ!
加盟から半年で3棟受注!!


デザインハウス鹿屋鹿児島
デザインハウス営業担当:1名女性 40歳代
事業内容:水道事業・リフォーム工事

ハイグレードホーム研究会に加盟したのは2020年6月になります。 弊社は2005年に創業し、地元に根付いた水道工事業で地元の信頼を得てきました。 近年は売り上げの減少によりリフォーム事業部に力を入れておりましたが、もっと「家づくり」に関りたくさんの方へ安心できる生活を提案できる会社になろうと、一念発起し新規事業として新築販売事業を立ち上げたのです。

私は2020年2月に入社した3人の子の母、前職は女性自衛官の新人です。 この新規事業の営業担当を任命されたときは、建築知識もゼロ、営業職も未経験の上、担当は私一人だけという不安と焦りで辞表を出そうかと迷うほどでした。 しかし「ハイグレードホーム研究会」では、建築営業のノウハウを研修していただけるという話を聞き、私も挑戦してみようと踏み出したのです。 弊社も新築事業はほぼ初めての経験ですから、結果が出せる日がいつになるのか分かりませんでしたが、「ハイグレードホーム研究会」の高品質・低価格の商品はすぐに実績が出ると聞き、そのノウハウを勉強できる研修に8月から参加しました。

毎月1回の研修では、何も知識のない私でもすぐに営業がスタートできるような研修内容で、本当に勉強になりました。 住宅ローン借入の知識や、建築の知識、集客方法など研修では幅広く深く教えていただいております。 そしてなにより商品のコンセプトをしっかり理解し、お客様にとって価値あるものをお伝えできる力をつけさせてもらいました。 約4か月間の研修で教わった通り戦略を練り集客を始めた結果、メールや電話でのお問い合わせが約3か月間で16件あり、11月時点で3棟受注になりました! このハイグレードホーム研究会では営業サポートも充実しており、実際にお客様への面談も同席していただけたので学べた点も多かったと思います。 まだまだ未熟な私ですがたくさんのお客様に価値あるものを届けられるようにこれからも頑張ります!